水処理関連の書籍紹介

ブログの更新がだいぶ滞っておりました。
さて、水処理の特許を読む上で、使用した書籍について紹介します。

入門ビジュアルテクノロジー よくわかる水処理技術 栗田工業 著


水処理メーカーの栗田工業さんの書籍です。入門書で、内容は栗田工業さんのホームページの水処理教室の内容と同じ部分が多くあり、浅く幅広いと思います。イラストと文章のため、イメージは掴みやすいですが、理系の基礎知識が前提となっています。


これでわかる水処理技術 (現場の即戦力)
吉村 二三隆 著  栗田工業 監修

           ①の補充書といったところでしょう。これも①の著書である栗田工業産の監修がついています。①の本が浅く書かれているので、それを深掘りする本です。 ①の本と同様、化学の知識を前提とされています。私の場合、時期を違えて読みましたが、なかなか難しいので「全部わかっている」状態ではありませんので、また時期を見て読み返したいと思っています。

図解入門 よくわかる最新水処理技術の基本と仕組み 和田洋六 著