一旦立ち止まる

今までの勉強が当初の予定より遅れている。なぜか?振り返ってみた。。。

*ほぼ未習の化学、完全未習の物理に思ったより時間がかかった(私自身、理解に時間がかかる人である)

*勉強方法の確立、ノートづくりに時間がかかった。勉強当初は知子の情報も使っておらず、ノートやまとめが使い物にならないため、以前調べたことでも再度知子の情報にまとめ直したため。

*休日の時間がとれない(子ども2人がいる中で部屋にこもることがあまりできない)

*体調不良(朝起きれない、イライラなど。。。現在は回復)

*調べすぎ。ある技術を調べると芋づる式に調べ、これが特許翻訳で要求される以上、またはこれから特許翻訳をするという段階以上の調べ物をしてしまっていたような気がする。

これは勉強以外のこと(例えば今後進学する子どもの学校調べなど)にも同じことがいえる。

友人との集まりも結婚式以外ほとんど断って、家族の旅行も最低限、学校行事も最低限におさえて勉強時間を確保してきたが、自分が目指しているのは「特許翻訳者になる」ことなのに、いつの間にか目指すのが「勉強して知識をつけること」になっていなかっただろうか?やるべきこともほかにたくさんあるのに、それを差し置いて「知識」優先の勉強をしていたとおもう。

何事も調べすぎる癖があることをよく心に留めておくべし。

「特許翻訳者になって稼ぐ」ための勉強をするべし。と肝に銘じたい。