トライアル応募

今朝トライアルに応募し、あとは翻訳会社の返信を待つことになりました。

来週あたり、反応次第で1〜2社応募するか決めようと思っています。

レバレッジ講座をスタートする前に、実はトライアルに数社応募したことがあるので、今回が初めてではありません。

しかし今回の応募は非常に手が震え、吐き気までするほど緊張してしまいました。

その後、子どもの外出があり、移動時間を利用して、

メルマガ動画の「勉強法、ミニミニ講座」

&

その動画中で紹介されていた、

「望みがかなわないのは〇〇ているから」

を視聴しました。

また、成長曲線のグラフを紹介した、予備校ブログも拝見しました。

どれも

これまでの自分がしてきた勉強の振り返りができ、これからの勉強に非常にためになりました。

勉強法では、私の場合、

コツコツ型の農民がベースで、完璧主義の要素が入っていると思います。

そのため全体を把握する能力や分析力が下手、細かいことが気になってそこにとどまってしまう、傾向があると思います。

ですから、良いメンターが必要で、出るポイントを勉強しなければならない、というのは合っていると思います。

この傾向があることは、レバレッジを始めるにあたって、今までの自分を振り返った時に気づいていました。

なるべく全体的なイメージみたいなものを掴むように、また潔癖に突き詰めないことを意識はしていたのですが、、、果たしてそれがちゃんと出来ていただろうか、

出来てなかったかもと思いました。

普段から意識して、かなり気をつけないと、と反省しました。

また、

「望みがかなわないのは〇〇ているから」では、

「気を散らしていること」が、私の心に突き刺さりました。

気を散らさず、自分がなりたい姿に猪突猛進であること、

全ては自分で消化して生かすこと、

を肝に銘じようと思いました。

普段からもっともっと、

自分は特許翻訳者で食べていく、

と意識していこうと思います。